緑苑でのお仕事紹介!

介護士ってどんなお仕事?

福祉の専門知識と、医学的な介護スキルによって、日常生活が困難な高齢者の方や、身体・精神に障がいのある方の、食事や入浴、排せつなど、身の回りのお世話をする仕事です。
介護だけではなく、介護をするご家族などに、介護の相談に応じたりアドバイスを行います。

ケアマネージャーってどんなお仕事?

医療・福祉・介護の分野に関する専門知識やスキルによって、介護者の自立した生活のサポートを行います。介護認定を受けた要介護者やそのご家族からの相談に応じながら、介護保険サービスが受けられるように、要介護者一人一人に合せたケアプランを作成や関係機関との調整を行います。

密着!慈心会の1日!

慈心会で働く介護スタッフ(日勤)の1日をご紹介します♪

介護士
北村 将さん

介護士経験:4年目

9:00出勤・朝の申し送り(業務伝達)

業務を引き継ぐまでの状況の共有

夜勤の職員から、ご入居者様の状態やフロアの状況について、詳細な報告を受けます。

9:30リネン交換・掃除

シーツの取り替えや、
室内・共有スペースの掃除

室内や施設の共有スペースの掃除を行い、ご入居者様に快適に過ごして頂けるよう、スタッフ一同が協力しながら業務を行います。

12:00昼食介助

ご入居者様のお食事をサポート

ご入居者様の食事の介助業務を行います。お食事の配膳やご入居様が食べやすくなるよう、一人ひとりに合わせて調整も行います

12:45職員休憩

休憩タイム♪

日勤職員の休憩の時間。午後の業務も集中して行えるよう、休憩はしっかりとります。

14:30おやつ介助・余暇活動

ご入居者様との触れあいのひととき

ご入居者様と会話を交わしながら、施設内や周辺をのんびりと散歩したり、時間のある時はみんなでカラオケをしたりします。

15:30日誌・観察記録記入

1日の業務の確認作業

一日の業務を日誌に記入し、一日の仕事を確認。また施設内で特別変わった事が無いかを観察記録として記入します。

18:00業務終了(日勤退勤)

今日も1日お疲れ様でした!
プライベートタイムも充実しています!

日勤業務の終了です。慈心会グループは可能な限り残業がないような業務体制が整っていますので、業務終了時間になれば、ほとんどの場合が定刻通りに退勤できます。

高齢者の自立(自律)のための取組み

「オムツ=0」。
オムツの使用率を低下させることで、
下剤を使用せずにトイレで排便

身体機能の低下とともに、高齢者の方のオムツ使用率は増加していきます。しかし、オムツに排泄(特に排便)することは、ご本人にとって非常に屈辱的なことですし、介護する側から考えると、これは“排泄ケア”ではなく、単なる後始末です。水分をたくさん摂り、過度な歩行や立位などの運動を行う、またトイレに「座る」という姿勢をとることで、下剤を使用せずにトイレで排便ができるようになります。

身体拘束「0」。
限りなく身体拘束をなくし、
高齢者の心身両面をケア

介護の現場において、利用者様の転倒・転落の防止、介護者の不足、点滴や経管栄養等の遂行、他者への迷惑行為の防止などの理由による過度な身体拘束は、拘束を受ける利用者様の心身両面での尊厳を著しく損なうだけではなく、そうした状態をさらに悪化させてしまう危険性があります。そうした中で、介護に関わる全ての人が、介護を受ける利用者様の立場にたって、ケアのあり方を見直すことが求められています。

毎日1,500ccの水分を
摂っていただくことで、
覚醒度など心身の活動性を向上

水は人間にとって、とても大切なもの。高齢者の方であればなおさらです。身体から排出される水分を補うためには、1,500cc/日の飲水が必要です。毎日1,500ccの水分を摂っていただくことで、覚醒度など心身の活動性を向上させます。更科ホームの利用者平均の水分摂取量は、平成25年8月の開始当初が845cc/日であったのに対し、平成28年4月では1,583ccと大幅増を実現。目標の水分摂取量を達成しております。

適度な歩行や運動を促し
車いすの使用を減らす事で
身体の活性化を実現

特別養護老人ホームに入所されている方の多くは、移動手段として車いすを使用していますが、これは介護する側の都合でそのような対応になっていることもあるかと私たちは考えます。水分をたくさん摂り、覚醒度を上げることで、まずは立位の訓練、そして、歩行器を使用しての短距離からの歩行訓練を促していきます。適度な歩行や運動を促すことで、身体の活性化が期待できます。

私たちのこのような取り組みは、今年で4年目を迎えます。
そして微量ながら成功例をあげています。
こうしたことが、職員の仕事に対する
モチベーションの向上にもつながっています。