子どもの笑顔と、入居者様の笑顔。
たくさんの喜びを感じられる職場です!

きちんと名前を呼んでくれた!
それだけで職場の雰囲気が分かりました。

大学生の時に複数の施設でボランティアをさせて頂きました。ほとんどの施設で「学生さん」「ボランティアさん」と呼ばれる中、更科ホームの職員さんだけが、初日から「足立さん」と呼んでくださったんです。1~2日の短いボランティアでしたが、職員さんと談笑もできて、雰囲気の良い職場だなと感じました。ここなら人間関係に悩まず働けそうと思い入社を決めました。 入社後に「ボランティアで来ていた足立さんだよね!」と声をかけていただいた時は、「覚えていてくれたんだ!」と嬉しくなりました。ここを選んで良かったと改めて思いましたね。

2度の産休・育休取得。
子育てママを応援してくれる職場です!

慈心会は、職員の生活にあった働き方、仕事時間の選択ができる職場です。私の場合は、8年間で2度の産休・育休を取得させて頂きました。子どもが小さいと、急な発熱は当たり前。フルタイム勤務や残業など、出産前と同じレベルで働くことも難しくなります。更科ホームでは、上司が「それは仕方のないことだよね」と言ってくださいます。もし「どんな理由であれ、仕事に穴を開けてはダメ」と言われたら、子育てと仕事の両立に苦しんでいたかもしれません。職場全体が子育てに理解を示してくださるのが本当にありがたいですし、「私もみんなのために頑張ろう」と思えるんです。

image

自宅で生活しているような
楽しさを感じて欲しいです!

入居者の皆様と接する上で大切にしているのが、「日々の変化に気付くこと」。そして「昨日と一緒にしない」ということです。体調面の変化はもちろん、たとえばバルコニーで育てている野菜が大きくなっていたら収穫して、夕飯のおかずに組み込んでもらったり、夕食まで時間があれば近くのコンビニまで一緒に歩いてみたり、入居者を取り巻く状況に臨機応変に対応して、単調にならないように気をつけています。ホームで生活していると、どうしてもタイムスケジュールが固まってしまいがちですが、自宅の場合はもっと自由に行動できるはずですから、自宅での生活と同じような生活ができるように心がけています。

入居者様の笑顔こそやりがい。
思いに答える支援がしたい。

寝たきり状態の方が、歩行器を使用して歩けるようになったり、オムツではなくトイレで排泄できるようになったり、私たちが考えた自立支援によって良い変化が起こり、笑顔が増えていくのが嬉しいですね。また、外出できるようになったことで、「また外出したい」という意欲につながっていくのも嬉しいです。 外出すると、ホームで過ごす時とは全く違った表情や行動を見せてくれますから、いつか入居者の皆さんと旅行ができたらと思っています。今はなかなか実現は難しいですが、入居者の9割が自宅での生活を望まれていますので、そうした思いに答えられるような支援をしていくことが目標ですね。

MASSAGE

「未経験だから」「新人だから」と遠慮はいりません。
先輩職員から何でも吸収してください!

慈心会は、先輩職員の「新人さんを支えよう」という思いが人一倍強い職場。仕事を覚えられるまで、同じ先輩職員がとことん付いてくれますから、介護未経験の方も安心して働きに来て欲しいです。未経験で入社されて、現場で活躍されている方はたくさんいます。新人さんたちの疑問は、私たちにも良い気付きを与えてくれるんですよ。「未経験だから」「新人だから」と萎縮せず、どんどん意見を出して欲しいですね。

image